和栗のモンブラン

Published on: 10月 05 2012 by Shokolat

栗祭り、続行中です^^
洋栗でモンブランは今まで季節ケーキでお出ししていたのですが・・今回は和栗ver.を投入してみましたっ。


そもそも、以前もお話したのかしていないのか?
私が受け継いだレシピの中のモンブランは、元々ショートケーキの生デコのように、洋栗のクリームとクレームシャンティイ(ホイップ)だけで仕上げられたもので。
私がケーキ担当を引き継いでからはモデルチェンジの嵐だったのは以前お話した通り。
同じくしてモデルチェンジされたモンブランは現在、  こんな感じ でお出ししているのですが・・。

折角栗の時期、生栗が溢れる時期。この時期を逃すのは勿体無い!
美味しい物をもっとお出ししたい!和栗でも作りたい!!

そうココロに浮かんだら最後・・。準備を着々と進めてしまいました。
和栗のモンブランを作っちゃえー!

生餡
▲ スマホ写真なんで色がアレです。すみませ・・

これ、わかりますか?生餡、あんこの素です。
そもそも、和栗のモンブランって呼んでいるこのケーキは、皆さんなんとなく思い浮かぶ、あのレトロなケーキ。黄色いモンブラン。
その黄色くないバージョンを和栗のモンブラン・・と呼ばれているとかいないとか(どっち)
黄色いモンブランは、甘露煮の栗を裏漉したものと生餡、或いは白餡、さつまいもetc.で作られています。
あの黄色は甘露煮を作る際、くちなしで着色しているから。

さて、ほんじゃ私はー・・というと。
栗は甘露煮ではなく蒸し栗を裏漉した物、白餡+その他材料で作る事に。
甘露煮のシロップ等を含まないので、生餡ではなく白餡にしました。

ちなみに、思い立ったら吉日!とかなんとか動き出したので・・白餡も自家製です(苦笑)
まさか洋食屋の厨房で餡炊きするとは・・(しかも洋の器具ばかりで・笑)
・・なのでこのおかしな図、洋食器に盛られた生餡と言う不思議な構図に(笑)

和栗のモンブラン

出来上がりの図。
もっと色々デコ欲しいかな?モンブラン絞りがいいかな?等々、悩みもしましたが・・。
シンプルがいいなぁ・・ということで落ち着きました。
なにせ昔ながらのほっこりモンブランですしねぇ^^
このモンブラン専用に土台用ジェノワ(スポンジ)も作っていて、えらく手間だけは掛かる一品に。
んー、でも美味しさには代えられない!

とりあえずは、炊いた白餡が切れるまでリリース予定です♪
さて、また栗の裏漉しをしなくっちゃ・・。


Filed under: Sweets@Work
Tags: , , ,

▼ コメント

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.