いちごのショートケーキ・・と。

Published on: 1月 17 2013 by Shokolat

すこーし間の空いた、マイペース更新。
と、言うわけで記録記事になりますが・・ある日のいちごのショートケーキを^^


なかなかPC前に座ることが出来ず、気が付いたら今頃に。
すご~く立て込んでいた訳でもないのですが、どうしても帰宅するとほーっとしてしまいまして。
タイミング逃すと時間切れ(就寝時間というか、おねむタイム・笑)になること多々で・・。

なんだかここ最近すこぶる眠いのです。・・なんでだろ?

ふ、冬だから・・?(冬眠??)

そんなこんなで更新出来なかった間のケーキで記録記事です。

いちごのショートケーキ、5号(15cm)
基本的にショートケーキをお受けする時、その時期のフルーツのみを使用しています。
製菓店や大きなお店と違って、ショートケーキに必ず苺が使えないのも理由のひとつ、なんですが・・。
やっぱり、旬には旬のものを・・と言うのが1番美味しいですし、自然だと思っているので、こんなスタンスをとっていたり。

そんな訳で、まだまだシーズンが続く苺。
個人的には大好きなフルーツなので、苺シーズンはウハウハしています♪

あー、フレジエ食べたいなー・・(and 作りたいなー・笑)

本日の お ま け 。

もう、載せるのすら恥ずかしいですが、えいやっとペタんこ。

私には引け目と言うかコンプレックスが沢山有ります。
自分に自信が持てないことが多々あります。

中でも1番尾を引くのが、きちんと学んでいないこと。どこそこで何年間・・なんて修行期間が殆ど無いこと。
学校へも講習やレッスンで学ぶ等もほぼ皆無で、製造に身を置いていた時期もあるものの殆ど独学で今に至ってしまいました。
今も、製菓を担当させて頂きつつ、それを主とはしていますが、他の業務も並行しているので胸を張って「わたしはパティシエです!」
なんて声高には・・言い難いトコロもあります。

お友達にはもう何度と無くこの手の話しをしているので「アイツまたか~」なんて言われそうですけれど(苦笑)
何年経っても、長く尾を引く程に私の根底に渦巻いています。

足りないんです・・何もかも。人よりも何倍も足りていないと思うんです。
色んなことをもっともっと!と、思いつつ、つい応用にばかり走っていた時期もあり、これではいけないなと思いつつ。

思いつつ・・といって、思ってはいても、行動しなければ何も変わらない。
何かの壁に当たる度に、失敗から学び、気になることは納得できるまで繰り返してみる。
そうこうしているうちに、当たり前だけれど基礎・基本はとても大切なのだと骨身に沁みました。

凄く当たり前のことだけれど、今年も足りない分を少しでも補えるように、とにかく練習を重ねたい。
職場でも自宅でも、ともかく練習を疎かにせず、色んなことにアンテナを張りつつ進みたい。

・・と、今更ながら今年の目標と言いますか、自分への言い聞かせ(?)も込めて書き残しておきます。
さぁ、今日もまた練習、練習!


Filed under: Sweets@Work
Tags: , , ,

2 Comments to “いちごのショートケーキ・・と。”

  1. いつもうっとりするようなケーキをたくさん作ってらっしゃるのに、
    そんな風に思ってらしたなんて、びっくりしました・・・!

    私のような半人前が言うのもおこがましいのですが、
    すごくお気持ちがわかるというか、共感しながら読んでしまいました。

    私は飲食の世界すら初めてで、飛び込んだ時にはすでに30歳目前で、
    がむしゃらにやってきましたが、やっぱり自信が持てません。
    製菓学校に通えばそれでいいわけじゃないんでしょうが、
    きちんと通って卒業していたら、それが自分の根幹になっていたのかな、と思ってしまいます。

    でもこんなに素敵なケーキを作る方が毎日努力しているなら、
    私はもっと頑張らないといけませんね^^;
    この記事を励みにして精進します!

    • Shokolat より:

      や~、あまり大したことではないのに記事にしてしまいました;;
      いろいろ思うところもあり、自分を戒める意味もあり・・なんですが。
      ぬるま湯で進歩のない自分を奮い立たせないといけないな~と;

      今は離れてしまった身で言うのもなんですが、製造の現場にいると、飲食の現場よりもとても厳しいんですね。
      勤務先の調理一筋のシェフ殿にも、俺らの世界も厳しいがお前らの世界は変態だ!有り得ん!と言われました(苦笑)
      ゆっくり丁寧にするのはアマチュア、スピーディーに正確に(効率よく)するのがプロの仕事だ、と当時言われた言葉が今は凄く身に沁みています。

      自分はパティシエなんて言えないわ・・なんて思っていても、お客様からはなんら関係なく、パティシエだと認識されます。
      ですから、恥ずかしくないお仕事が出来るように、もっともっとしっかり練習していかなくては・・と常々思っています。
      自信が持てないのは自分の努力と根性が足りない証拠だと思っているので、これからも頑張ります♪

      製菓理論の部分についても、もっと勉強しなくてはいけないと思う日々・・。
      お互い頑張りましょうね^^

▼ コメント

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.