地産地消スイーツ、出張す

Published on: 7月 09 2013 by Shokolat

以前お話していた、バタバタする案件。
いよいよ本番を迎えました。その案件とは・・デリバリーだったのです。


以前、地産地消スイーツに協力参加したご縁で、その時にもお世話になった方から是非お願いしたい・・!と、ご注文頂きまして。
今回実現することになった、地産地消で作るスイーツのデリバリー。
スイーツのみでデリバリーするのは、ウェディングケーキ以外では初の試みです。おおおお・・。

地産地消で、佐渡産フルーツで作る・・というご希望と。
ビュッフェ形式なので、他のお料理と共にフロアに並べられる・・という環境も考慮せねばならず。
悩みに悩んで、試作を繰り返しました。

そんなこんなでバタバタ、ぐるぐると目まぐるしい日々だったのですが、ようやく本番!

・・とは言え、本番もコレはコレで目まぐるしいのですが(苦笑)

職場でレギュラーで使っている牛乳、実は佐渡牛乳なので既に地産地消です。
2013年5月よりパッケージがリニューアルされましたが、この朱鷺パケ、かわゆいですよね。
何度見ても萌えます♪

さて。お届けするケーキは全部で140個分。
これを2種類、70+70で140個作ります。
閉店後に1人、あたふた、バタバタと作業です(笑)

1種類目はクリーム系が欲しい!とのご希望から、無難なショートケーキ。
佐渡産の越後姫(いちご)と、佐渡産の佐藤錦をサンドしています。
で、これを~・・。

黙々とケース取りをします。ケース取りってあまり聞き慣れない言葉かもしれません。
カットされたケーキ等にフィルムを巻き、底にアルミやパーチ(紙)、アシェットやカルトン等に載せる・・一連の作業のことを指します。
お店のショーケースに並んでいる状態にする、と言えば簡単でしょうか(笑)
これを70個分黙々と・・急いで、且つ丁寧に・・!
ちなみにコツがあって、慣れるとワン・ツー・スリーのリズムでササッと巻ける様になります。

ケース取りの後、クリームを絞って箱詰めしたら~。

トッピングた~いむ。
予め選別しておいたカワイ子ちゃん達を乗せて行きまして・・。

ショートケーキは完成っと♪
並ぶと壮観・・。疲れも吹っ飛びます^^

もう1種類は作業工程の写真がありませんが・・・実は私的にはこちらが今回のメイン(笑)

佐渡産ブルーベリーと佐渡牛乳のブランマンジェです♪
今回、冷蔵庫で十分にお休み出来る時間がないこと、気温のことも考えて凝固剤で大分悩みました。
普段でしたらゼラチンなのですが、私は通常から、こういったカップ入りの物はゼラチンの使用量をグッと抑えています。
その為、凝固ギリギリのトロリと柔らか、ふんわりした仕上がりになります。

しかし、今回の場合、通常通りにゼラチンを使用すると間違いなく液化しますから・・悩みに悩んで・・。
最終的にル・ウルトラカンテンを使用しました。ブルーベリーのジュレはアガーを使用しています。
いつもの口どけ、仕上がりに持っていけて一安心。皆さんがお召し上がりになる頃の商品の温度も考えて、糖度も調整。
そしてこちらも・・。

70個分。どーん。
ばんじゅうに詰められて、私の仕事はここまで。
配達担当さんにお任せしてお見送りです。無事に届けよー!

どんな風に会場で並んだのか、ハラハラしていましたら・・配達ついでに撮影してきてもらえました♪

銀盆に並んで。あら、可愛らしい^^
会が始まり、あれよあれよとあっという間に無くなっていったそうで、これまたホッとしました・・。

試作段階から、本番前日閉店後の準備、当日直前の仕上げと大忙しでしたが、大変お勉強になり、楽しくお仕事をさせて頂きました。
改めてKさん、有難うございました^^
さぁ、また次も頑張るぞっと。


** ランキングに参加しています **

各バナーClickで投票されます。応援ポチ頂けると嬉しいです^^

  



Filed under: Sweets@Work
Tags: , ,

▼ コメント

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.