蕎麦 茂左衛門 MOZEM

Published on: 7月 31 2014 by Shokolat

ちょっと遡り〜…な、記録です。
美味しい蕎麦懐石を頂けるお店にお邪魔しました♪


ずっと頂きたかった、斎藤さんのお蕎麦。
なかなか機会に恵まれず、いつも指を咥えては遠くを見つめておりました。

待望のお店がOpenとのことで、やっと!やっと頂けます!!

そのお店の名は、蕎麦 茂左衛門。
モゼム、と読みます。
要予約なので、前日のお昼までにご連絡を。

今回私はお昼に伺いました。
写真多めで、言葉少な目で参りまーす。

お邪魔してすぐ目に留まる、オブジェにされた船の先端。
古いもの、異国の香りがするもの、インテリアも素敵。

ノンアルコールのメニューから、梅シロップのジュースをチョイス。
懐かしいグラスもたまらない。

いよいよお料理♪
ズッキーニの煮浸しと、奥に映るのは揚げ蕎麦。たっぷりお出汁でひんやり美味しい。
揚げ蕎麦のカリカリ、癖になります。

こうぐりのなます。
こうぐりとは、カワハギのこと。
酢味噌をつけて頂きます。

ハチメの湯引きは合わせ醤油で。
ハチメとはメバルのこと。
この器が可愛くて悶えていたら、意外な事実が…!
実は小皿ではなく、蓋だったもの…なんだとか。残念ながら本体が痛んでしまったけれど、この蓋だけでも使えるからと流用されたんですって。
大正解ですよねー♪

続いて、トビウオの揚げ浸し。
これが私の中で大ヒットしてしまい、後日おうちで真似させて頂きました(笑)
そしてそして…。

天麩羅は佐渡産の芝海老と、おかひじきや夏野菜。

どれも美味しくて美味しくて、しみじみ。
さ、次はお待ちかねのお蕎麦です。
何種か選べる中から、やっぱり私はこれー!

盛りそば。
見よ、この美しさ!
手打ち手切りの細いお蕎麦ですが、これが10割だなんて…。プッツリ切れたり、モサつく感じも全くなく、喉越しのいいお蕎麦。
あご出汁の辛つゆで頂きます。
うん。うん。美味しい…!

デザートは蕎麦がきと黒糖のムースだったので、お連れ様とそれぞれお願いしてシェアしました。
もちもち蕎麦がきはホッとする美味しさ。
黒糖ムースはミルキーで優しい味わい。おけさ柿のラム酒漬けが乗せられて、ラムの香りも心地いい。

デザートは食べなくていいです!食べちゃダメです!なんて言われてしまい…でも目の前にこんな美味しい物があるのに我慢なんて嫌でーす!なんて攻防を繰り返していたパテシエと蕎麦職人(笑)
とてもとても美味しかったです。
ご馳走様でした!

『 蕎麦 茂左衛門(MOZEM) 』
新潟県佐渡市新穂田野沢163-1
℡0259-67-7972

営業時間 : ランチタイム/11:30~13:30(LO)
ディナータイム/17:00~21:00(LO)

定休日 : 毎週日曜日
※要予約(前日昼までにご予約を)

次回はこれまた蕎麦好きなおとーとをお共に伺いたいです♪


** ランキングに参加しています **

各バナーClickで投票されます。応援ポチ頂けると嬉しいです^^

  



Filed under: Photo, shop
Tags: ,

▼ コメント

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.