栗 vs フルーツ漬?

Published on: 11月 14 2014 by Shokolat

お試しをしたかったことも有り。
ちょいと焼いてみた、ケーク・ショコラのお話。


バター不足、バター不足と毎年言われ、年末に向けて毎年更に制限が厳しくなる昨今。
こうなってくるとフールセック、ドゥミセック(要するに焼菓子)をおうちで作るのも贅沢になって参ります…ね。

そもそもクリスマスに向けてバター不足が加速とかとか、よく見かけますけれど。
クリスマスもあるけれど、その先の年末年始に向けてバターが大量消費されるんですよね。
焼菓子の消費拡大に合わせて、ストック作りも加速するので致し方ないのですが…困ったものです。

こうなってくると、家庭でホイホイとバターを使いにくくもなります。
…で。
コンパウンドに手を出してみました。
どんなもんかね?と、気になっちゃって(笑)

ただ、やっぱり100%では気分的に使い難くて、まずはバターとハーフでやってみました。
バターも含まれている植物性油脂=コンパウンドですが、トランスファット(トランス脂肪酸)はフリーと言うことでちょっぴり安心。

…で、今食べたいを優先して、ケーク・ショコラ。
何故プレーンにしない!味複雑にしてどうする!(笑)
今回はスリムパウンドでお試し2本分。

ガルニチュールも試したくて、こちらは栗の渋皮煮…の、ふっくら炊けなかった子(要するに失敗気味な子)を別にとって置いて、コンカッセにして加えたもの。

こちらは2年漬けになったフルーツの洋酒漬けを。

出来上がった生地を半分にしてそれぞれガルニを加えて焼くだけだから、さして手間でもなく。
こうして交互に並べてサーヴ出来るし、それぞれ味わえていいかなぁ?なんて。

栗は少し硬いので邪魔になるか?が気になる点でしたが問題なさそう。
むしろアクセントによかったらしい。
こちらはもう少しラムを足したかった感。

一方フルーツ漬けは2年漬けな濃厚味なので問題なくのマッチング。

それよりも本題のコンパウンドを使った生地については、バターより少し生地が柔らかく仕上がり易い気がしましたが、乳化もしやすいわ保湿もしやすいわ…で製菓に不慣れな方には特にオススメしたいなぁと。
もうひとつ、シンプルな物も作ってみようかと妄想中。

作ったらお味見もしなくちゃね♪
…と、自分用もキープ。
しっとり、ふわふわ、ほろっと。
これはコンパウンド、バター云々も有るけれど、配合でも変わるからなぁ。
ただ、思っている物には作れたのでOK!

またも身辺バタバタしておりますが、あまり間を置かずに更新出来ますように…最早祈りレベル…(笑)


** ランキングに参加しています **

各バナーClickで投票されます。応援ポチ頂けると嬉しいです^^

  


※ 当方はメールフォームからのケーキのご注文(発送等)の受付は行なっておりません。


Filed under: Sweets@Home
Tags: , , , ,

4 Comments to “栗 vs フルーツ漬?”

  1. neko より:

    お久なり。コンカッセ真似しようとして、くず屑にしてもうた。
    まあ、ええやん。で、何か作るよー。
    いつもは捨ててた子が使えるとなー。ありがたや。

    • Shokolat より:

      お久おひさ。
      なぜ屑クズにしたんw それじゃコンカッセじゃなくてアッシェになった事に・・w
      そそ。固い子も意外と使えるもんだ~。試してみて~。

      • neko より:

        作った作った。多分、ショウたん好きよ?
        うひひひ。

        • Shokolat より:

          にひひにひひ。
          新たな活用法、いいべ?いいべ??
          これでまた、広がるねぃ。

▼ コメント

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.