魅惑のバナナ・ブレッド

Published on: 9月 09 2017 by Shokolat

Banana Bread〜バナナブレッド。ブレッドとはいいつつも、パンではないのです。


私は何を隠そう(隠すつもりもないけれど)バナナが苦手です。嫌いではなく、苦手。
昔は特に意識もせず、特別好きでも嫌いでもなかったのですが、いつしか苦手になっていました。

独特なあのガスの様な香りも、ねっとり重たいあの感じも、ともかく苦手になっていました。

ともすると、なかなかお菓子にも使わなくなり。バナナパウンドやらマフィン系も、シフォンも。しばし遠ざかっていたのです。

んが。

この方に出会った時、私は打ち震えたのです。

TCTのバナナブレッド

この方。新潟市にあるTHE COFFEE TABLEさん(TCT)のバナナブレッド様。
友人のM女史から、これは凄いよ!と教えられ。
でもなぁ。バナナ苦手だからなぁ…と胸中ワクワクと共にモヤりつつもお店へ伺い。
食べたらもう惑わされました。

私これでバナナ克服(嫌いではないけど、好意的に思えるかも、と言う意味で)出来るかもしれない!
ってゆーかこれ好き!めっちゃ好き!!

こうなると、もうね。馬鹿って単純だから再現と言いますか。私のバナナブレッド作ってやる!に至るわけで(なりません?あれ?)
こうして、どーん!と。

出会ってすぐに、あぁでも、こぅでもと作ってしまってました。
ここまでが2015のオハナシ。

あれからバナナを克服したのかと言えば、結果変わらずで…(苦笑)
これはバナナブレッドが特別なのだなと気が付く。私以外のバナナが嫌いな人、苦手な人でも魅せられる。惑わされる。
これなら食べられるよ!ってゆーか美味しい!というお言葉もチラホラ頂戴したりして。
魅惑のバナナブレッドはそんな一品。

バナナブレッド

で。なんでまたそんな話を掘り返したのかと言えば、そろそろ涼しくなってきて焼き物が恋しくなって…焼いてしまったのです。

バナナブレッドと言いつつも、パンではなく。
ケーキとパンの間の子のイメージ。
ふうわりとバナナとエピスが香り、しっとりとふわモチ食感。
おやつにも、軽食にも。
朝ごはんにもオススメです。
是非魅惑のバナナブレッド、お試し下さい♪


【魅惑のバナナ・ブレッド】(パウンド型で1本分)
>型の体積量っていない&工程写真のない不親切レシピですゴメンナサイ

バター(食塩不使用)=100g
全卵(M玉) = 2個
砂糖(お好みの物で) = 80g
塩 = ひとつまみ
*強力粉 = 200g
*ベーキングパウダー = 5g
*重曹 = 小さじ1/2
バナナ = 正味250g
お酢 = 大さじ1
シナモン、ナツメグ、バニラ、オールスパイス=適宜

※お酢はお好みのもでどうぞ。
※砂糖の種類はお好みでどうぞ。
※シナモンとナツメグは絶対入れてほしい!です。香りの広がりが変わります。
※バナナは皮を除いた実だけの量です。
※パウンド型に紙を敷いておきます。
※バターと卵は常温に戻しておきます(とはいえ15℃くらい目安に)
※ *印の粉類は合わせてふるっておきます。
※オーブンは180℃で予熱。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1.バナナはピューレ状になるまでフォークを使って丁寧につぶします。面倒ならFPでガガっ!とでも。出来ればシュガースポットが出たバナナを使うのが好ましいです。

2.バターを柔らかくクリーム状に練り、砂糖を加えてすり混ぜ、塩、スパイス類も合わせて混ぜます。溶き卵を何回かに分けて混ぜ、乳化させます。

3.合わせてふるっておいた粉の1/3をさっくりと混ぜ、バナナピュレ、粉の順に都度さっくりと混ぜていきます。

4.全て混ぜ合わせたら、お酢を加えて全体さっくりしっかり混ぜ合わせたら生地の完成。

5.紙を敷いた型に生地流して真ん中がくぼむ様に表面を擦り均します。

6.180℃のオーブンで55~60分焼成。途中10~15分くらいで一度取り出し、刃先を水で濡らしたペティナイフなどで中央縦に切れ目を入れて、割れ目を綺麗に作りやすくしてあげて、またオーブンに戻します。
竹串を刺して何もついてこなければOK。型から抜いて網の上などで冷ましてください。

7.食べる時は厚めにカットして、オーブントースターでトーストしてから頂きます。お好みでホイップクリームやアイスクリームを添えて、粉糖をかけて召し上がれ。


さて。出来上がったこの方は↑の最後の工程でも書いた通り、厚めにカットしてトーストするのがお約束です。

バナナブレッドをトーストして

トーストして、6〜7分立てのホイップと粉糖。
ナイフを入れると、クラストはさくっカリッ!と。そして…。

バナナブレッドクリーム添え

クラムはしっとりと、ふわふわモッチリ♪
食感のコントラストもまた、ご馳走なのです。
ふふ、これこれ。やっぱり好き。

作り方は特別難しくもありません。宜しけれ是非ぜひ。
はー…気がつくとすぐ無くなってしまう。私もまた焼かなくては!


** ランキングに参加しています **

各バナーClickで投票されます。応援ポチ頂けると嬉しいです^^

  

** なにかと更新しております **


※ 当方はメールフォームからのケーキのご注文(発送等)の受付は行なっておりません。


Filed under: Recipe, Sweets@Home
Tags: , , ,

▼ コメント

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.