【続】 米粉deサブレ

Published on: 3月 20 2013 by Shokolat

最近、地味なお菓子が続いてますよね・・うち・・。
でも、もうしばらくは焼菓子続きます・・。
さて、今回は米粉deサブレ続編です♪


前回 コレ でUPしていたのはココア&バニラでしたが、今回は米なんだから!和風でお茶のサブレに^^

そもそも、米粉を使う時は和スイーツにするのが好きな人でして。
勿論このレシピが出来た時も 『 あー、やっぱ和素材と合わせたいなー 』 なんて思っていたのです。

でも、何故かココアで作っていたので・・もう一度おさらいもこめて作りたくて。
改めてのサブレは、王道の抹茶&バニラと、これも個人的に好きなほうじ茶&バニラでメイク。

今回はちゃんとマーブルっぽい?柄になりました(笑)
抹茶味のお菓子は沢山有るけれど、ほうじ茶のお菓子はあまり多くはないようですが・・私、大好きなんです。
ほうじ茶が元々好きで、冷蔵庫に常備するお茶もほうじ茶だったり。
よくよく、サブレやらロールケーキやら、ほうじ茶で作ってきました。

で、勿論今回のこの米粉サブレでも・・へへ。いい感じ♪

恒例断面ショウ~。って、言っても前回のサブレと余り変わりませんねぇ。
結構多く抹茶やほうじ茶パウダーを入れているので、ココアのときより馴染みにくかったですが・・。
この位入れないとバニラとのバランスが取れないので、纏まるか否かのギリギリな量で配合です^^;
ある友人からはもう少しお茶が濃くてもいいんじゃない??なんてお言葉も貰いましたが・・。
水分量が厳しくなっちゃうんですよね~。なので、この辺がいい塩梅。

ではでは、レシピのおさらいをば(笑)

((30個前後分))
バター(食塩不使用):100g
粉糖:60g
薄力粉:70g(ふるっておく)
米粉:90g
塩:かる~くひとつまみ
バニラオイル:適宜
抹茶、又はほうじ茶パウダー:7g

*バターはクリーム状に柔らかく練っておきます。
*そこへ、抹茶(又はほうじ茶パウダー)以外の材料を加えてまとめます。
*生地を半分にして、片方に抹茶(又はほうじ茶パウダー)を練りこみます。
(柔らかければ、冷蔵庫で30分ほど〆るとよいです)
*生地を分割して、両方の生地を合わせるもよし、別々でもよし、小さいお団子を作っていきます。
*天板にお団子を乗せて指でプッシュ。もしくは、そのままお団子で焼いても構いません(スノーボールみたいにするもよし、っていう)
*160度で25分から30分焼成。焼きすぎ注意です。バニラの生地を見て、うっすら焼き色程度ならOK。
=焼き上がり、粗熱が取れたら湿りやすいので密閉容器に保存がよいと思います=

お茶ver.がとても気に入ったので、これからも定期的に作って行きたいな~♪


** ランキングに参加しています **

各バナーClickで投票されます。応援ポチ頂けると嬉しいです^^

  



Filed under: Recipe, Sweets@Work
Tags: , , , , ,

▼ コメント

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.